債権と通貨の法則

債権価格が下がる=金利が上がる=外国のお金が集まる=通貨高になる
という流れは「債権安=通貨高」という法則を生みます。

この法則はFXで成果をだす上で、非常に使える法則です。
この法則を使ってFXトレードをシステム化し、利益を出すことは十分可能でしょう。

ただし、これはあくまで短期的に見た話であって
長期的に見ると逆になるケースがよくありますが・・・。

今の外国為替市場では、特に金利の高いところにお金が集まる
という傾向が日に日に強くなっているので、この傾向がよく見られます。

長期的に見ると、逆に「債権安=通貨安」になる場合もありますので、
期間を区切って考えていく方が安全と言えるでしょう。

この債権と通貨の関係や株価と通貨の関係をしっかり理解することができれば
着実にFXで利益を増やすのも十分可能になるでしょう。

サイトナビ
デイトレでリスク軽減 FXは手堅く・・・ ギャンブルにならないために 債権と通貨の法則
為替関連情報
お気に入り
円高と欧米政府機関

HOME > 債権と通貨の法則